日本最高峰のプロモーション総合展「JPM協会展2023」 共同印刷グルーブは金賞・銀賞で5点入賞

日本最高峰のプロモーション総合展である「第52回 日本プロモーショナル・マーケティング協会展」が、2023年11月29日(水)から12月1日(金)までの期間、東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内 東京都立産業貿易センター浜松町館で開催されました。 

■「JPM POP クリエイティブ・アワード」の金賞・銀賞を5点入賞

「第52回 日本プロモーショナル・マーケティング協会展」の「JPM POP クリエイティブ・アワード」において、共同印刷グループが制作に関わった以下の5点が入賞しました。

共同印刷(株)

【銀賞】

◇化粧品・カウンター部門(販売・陳列機能)B
(株)コーセー/スティーブンノルMadison58店頭演出ツール

[担当ディレクターのコメント]
売り場のアウトスペースと定番棚等にシリーズで展開するツールです。ジュレからオイルに変化する商品特徴を前垂れPOPで表現。店頭で目を引く、インパクトのある演出です。

◇文具・ファッション小物・メガネ・時計 
三菱鉛筆(株)/tokyobike×ジェットストリーム 販売什器

[担当ディレクターのコメント]
tokyobikeの自転車や、東京にあるお洒落な店とコラボしたボールペンを置く什器です。お洒落なペンを持って自転車に乗ってお店まで行くイメージが想起されるように、手前部分を三つ折りの地図を広げたようなデザインにしました。

共同印刷マーケティングソリューションズ(株)

【金賞】

◇文具・ファッション小物・メガネ・時計 
三菱鉛筆(株)/ピュアモルトW600販売容器

[担当ディレクターのコメント]
オークの木の切り株を模した陳列台を、アクリルに樹脂シートを全面に貼って表現しました。手前のPOPは表記の差替えができ、ピュアモルトのどのシリーズでも陳列が出来るような陳列穴の形状にしています。デザインの面白さだけではなく、しっかりした強度と高い汎用性のある販売容器です。

【銀賞】

◇化粧品・カウンター部門(告知・演出機能)B
(株)アルビオン/フラルネ美容液演出セット(22M後)

[担当ディレクターのコメント]
ビジュアルのネオン管のモチーフを引き立てるシンプルな構造です。バインダーのモチーフに機能を入れたPOPで、カウンセリングのような楽しさも感じられるデザインです。

◇文具・ファッション小物・メガネ・時計
三菱鉛筆(株)/ピュアモルトJET4&1 22秋限定販売容器

[担当ディレクターのコメント]
ドライフラワーをテーマにした限定商品に合わせて、机の上にランダムに置かれた雑貨のある空間をデザインしました。本体の脚部は取り外しが可能で、店頭での高さ調整もできる設計になっています。

■日本プロモーショナル・マーケティング協会展とは

「日本プロモーショナル・マーケティング協会展」は、日本プロモーショナル・マーケティング協会※が1971年から開催している半世紀の歴史を持つプロモーションの総合展です。
時代と環境の変化を反映したプロモーションの現在と未来を、魅力的にわかりやすくプレゼンテーションする場となっています。
今年は約370点の作品が展示され、POP広告の展示会として世界でも最大級の規模です。

会場は、以下の4つのゾーンに分かれており、我が国のプロモーショナル・マーケティングの最前線が一堂に会する構成です。

  1. ① 「JPM POP クリエイティブ・アワード」
    国内唯一かつ世界最大規模のPOP広告のコンテスト。
  2. ② 「JPM プランニング・ソリューション・アワード」
    生活者を購買行動に向けて実際に動かした日本最高レベルのプロモーション企画のコンテスト。
  3. ③ 「JPM ヤングクリエイティブ・アワード」
    25歳以下の社会人と学生(年齢制限なし)という若い世代を対象としたコンテスト。
  4. ④ 「販促見本市」
    プロモーショナル・マーケティング関連の最新の技術・サービス・ツールの展示会。

なかでも、①「JPM POP クリエイティブ・アワード」は、直近1年間に実際に店舗において展開されたPOP広告の実物作品を、広告対象製品の「業界ごと」とPOP広告としての「形態ごと」にカテゴライズして展示がされています。

※「日本プロモーショナル・マーケティング協会」は、プロモーショナル・マーケティング(生活者を購買に向けて動かすマーケティングの領域)に携わるさまざまな業種の会員企業から構成された業界団体です。
https://jpm-inc.jp/about/


デジタルとフィジカルのプロモーションミックスに関する資料をご用意しています。

カスタマージャーニーマップを基にプロモーション施策を解説!
デジタルとフィジカルを融合する参考書

詳しくはこちらから▶▶

カスタマージャーニーマップをもとに、ステージごとのプロモーション施策について解説します。

私たちがお役に立てること売り上げに直結する店頭販促サービスこれまでの店頭販促のノウハウに加え、「累積店舗データベース420万件」と「28万人の人材ネットワーク」からお客さまの課題に合った店頭販促・店舗運営サービスを提供。詳細はこちら

<合わせてお読みください>
「店頭販促ツールの作り方」Vol.1クリエイティブ編]
東武ホープセンターが挑戦するOMO! サイネージ一体型Pop-upストアの可能性を探る [前編]
東武ホープセンターが挑戦するOMO! サイネージ一体型Pop-upストアの可能性を探る [後編]
JPM協会展 2年連続金賞受賞ディレクターの仕事の進め方
店頭を中心としたプロモーションは、デジタル×フィジカルでどう変わる
広告実態調査から見える“店頭販促のデジタル活用”の最新トレンド
これからの店頭販促を予測! アフターコロナ・環境負荷軽減・DX・リテールテイメントで進化!
コロナ禍で変化した小売りの課題! POPでもデジタルサイネージでもない新しい課題解決策とは?
和歌山県発のスーパー&ドラッグ複合店エバグリーンさまに聞く、 地域に根ざした個店経営における自社アプリの有効性
販促企画立案の「基本」と「極意」 メーカー・流通・消費者をつなぐ「7つの手法」と「統合アプローチ」
〔ダウンロード資料あり〕 店頭販促のDX実現で、 ニューノーマル時代における小売業の課題を解決する

関連記事