「@cosme TOKYO」「@cosme OSAKA」で、アモーレパシフィックジャパン株式会社がメディビューティーブランド「AESTURA」の期間限定ポップアップイベントを開催

ポップアップイベント全景(@cosme TOKYO)

実際に商品を手に取り、試すことができる店頭だからこそ、ブランドの世界観が伝わる

アモーレパシフィックジャパン株式会社はメディビューティーブランド「AESTURA」※1の日本本格上陸を記念して期間限定のポップアップイベントを開催しています。
会場は今話題の@cosmeのフラッグシップショップ「@cosme TOKYO」※2「@cosme OSAKA」※3です。
共同印刷では、このポップアップイベントを支援しています。

当社では、「AESTURA」のポップアップスペース内の装飾・施工のほか、AESTURAオリジナルの肌診断「美容処方」アプリの制作、イベントで使用するオリジナルノベルティマシンのデザイン、壁面什器のデザイン・企画・施工などを行っており、AESTURAブランドの店頭プロモーションをワンストップで提供しています。

001.png

左から、オリジナルノベルティマシン、肌診断「美容処方」、定番什器、W300カウンター什器

お客さまに商品体験機会を創出する

ポップアップイベントでは、最先端美容研究から導き出すAESTURAオリジナルの肌診断「美容処方」でアプリ内の設問に答えると、自分の悩みにあったビューティーアドバイスがプリントアウトされ持ち帰ることができます。
また、当日商品を購入された方には、オリジナルノベルティマシンのイベントでさまざまなサンプルをプレゼントしますので、この機会にぜひお立ち寄りください。

※1
AESTURAはどんなシーンも肌に寄り添い、美しくありたい人と共に進化を続けるメディビューティーブランド。1982年の創業から40年間受け継がれてきた製薬会社のDNAをベースに、アモーレパシフィックの最先端の美容研修開発と皮膚科学を融合させた信頼度の高い専門性を持つことが特徴。韓国女性の間ではもちろん、皮膚科をはじめ韓国の総合病院の約80%でも販売・使用されているブランドです。 
※2
JR原宿駅の表参道改札の目の前に、売り場面積400坪の化粧品専門店としてオープンした「@cosme TOKYO」は、ラグジュアリーブランドからいわゆるプチプラブランドまで約600ブランド、化粧品専門小売店として過去最大のブランド数を取り扱い、来店したお客さまが自由に商品を試し、購入することができます。@cosmeの企画・運営をする株式会社アイスタイルが今まで夢に描いてきた店舗のあり方を形にしたフラグシップショップです。
※3
「@cosme OSAKA」は、株式会社アイスタイルが9月1日にオープンした関西初のフラッグシップショップです。大阪・梅田駅直結の立地で、売り場面積270坪。取り扱いブランドは約500、商品数12,000以上を誇る関西最大級のコスメセレクトショップです。


【開催概要】

①東京会場 https://www.cosme.net/beautist/article/2673738
開催日程: 2023年9月13日(水)~9月26日(火)
開催場所: @cosme TOKYO ポップアップスペース2階
営業時間: 平日・土日祝11:00~21:00
※東京会場は終了しました。

②大阪会場
開催日程: 2023年10月11日(水)~10月24日(火)
開催場所: @cosme OSAKA ポップアップスペース (ルクア イーレ3F)
営業時間: 平日・土日祝10:30~20:30


店頭を中心としたプロモーションに関する資料をご用意しています。 以下からダウンロードしてください。

デジタルとフィジカルのプロモーションミックスとは

詳しくはこちらから▶▶

商品を思わず手に取らせる店頭販促ツール制作の3つのポイント!

詳しくはこちらから▶▶

私たちがお役に立てること売り上げに直結する店頭販促サービスこれまでの店頭販促のノウハウに加え、「累積店舗データベース420万件」と「28万人の人材ネットワーク」からお客さまの課題に合った店頭販促・店舗運営サービスを提供。詳細はこちら

<合わせてお読みください。>
東武ホープセンターが挑戦するOMO! サイネージ一体型Pop-upストアの可能性を探る [前編]
東武ホープセンターが挑戦するOMO! サイネージ一体型Pop-upストアの可能性を探る [後編]
JPM協会展 2年連続金賞受賞ディレクターの仕事の進め方
店頭を中心としたプロモーションは、デジタル×フィジカルでどう変わる
広告実態調査から見える“店頭販促のデジタル活用”の最新トレンド
これからの店頭販促を予測! アフターコロナ・環境負荷軽減・DX・リテールテイメントで進化!
コロナ禍で変化した小売りの課題! POPでもデジタルサイネージでもない新しい課題解決策とは?
和歌山県発のスーパー&ドラッグ複合店エバグリーンさまに聞く、 地域に根ざした個店経営における自社アプリの有効性
販促企画立案の「基本」と「極意」 メーカー・流通・消費者をつなぐ「7つの手法」と「統合アプローチ」
〔ダウンロード資料あり〕 店頭販促のDX実現で、 ニューノーマル時代における小売業の課題を解決する

関連記事