物流システムで利益向上!その仕組みとアウトソーシングという選択肢を紹介

モノを販売する企業にとって、物流の効率性を高めることは、顧客との信頼関係作りや企業の利益創出に大きな影響を与えるものです。今回は在庫の管理や商品の仕分け、発送手配から検品まで、物流システムをより効率の良いものにするためのソリューションに注目してみましょう。

物流ソリューションで物流五大機能をつなげる

物流には基本的に「輸配送、保管、荷役、包装、流通加工」という5つの要素があります。この5要素をいかにスムーズにつなげることができるか……各ステップの業務可視化を行い、そのデータを基にした最適化を行うことができるか……などが、物流の効率をより良くすることにつながります。

このような効率化を実現する方法として役立つのが、「物流ソリューション」と呼ばれるシステムです。これは、物流の工程とITを組み合わせることで物流の過程で発生するさまざまな課題や問題を解決し、現場で働く人々の業務や配達手順・ルートの最適化を行ってくれるものです。また、各ステップそれぞれの効率を上げるだけではなく、トータルソリューションとして全体のフローをスムーズに流すことにより、より高い効果を期待できるようになります。

物流ソリューションにはどんなものがある?

ではここで「物流ソリューション」とは一体どのようなものか、具体的に学んでみましょう。物流ソリューションには

  • ・在庫管理・倉庫管理
  • ・ピッキングの自動化
  • ・仕分け・検品の効率化
  • ・業務の正確性向上

など、バラエティーに富んだ種類があります。こういった各ステップをデジタル化・可視化することで、業務のスピード化や無駄な人件費の削除、仕分けや発送ミスの減少につなげることができるようになります。

物流を効率化するためには、倉庫内での業務(物資の保管場所の把握、物資へのアクセス簡易化、物資の出し入れの管理など)や、配達システム(車両手配・管理、収集・配達完了情報管理、最適ルートの割り出しなど)を改善する必要があります。改善策の一環として挙げられるのが、タブレットやバーコードリーダーを活用したリアルタイムでのデータ入力や、クラウドを利用したデータ管理などで、こういったテクノロジーを活用した物流ソリューションの導入により効率化を達成できます。

アウトソーシングという選択肢

上記で挙げたようなソリューションを自社に導入して動かしていくためには、システム導入に発生する初期費用のほかにも、ノウハウの取得や社員の教育など膨大なコストが発生します。また導入から軌道に乗るまでに、時間がかかることが想定されます。このように「すぐに始められない」「投資が必要だ」となると、その導入にためらいを感じてしまう企業もあるでしょう。

そこで選択肢に入れておきたいのが、専門業者への業務委託(アウトソーシング)です。新たに自社ですべてのシステムを作り上げていくのではなく、すでにノウハウやシステムを持った外部企業に委託することで、コストの削減や物流コストの可視化、分析結果を元にした業務の改善、物流五大要素の効率化などが期待できます。

もちろん、外部の企業に自社の業務の一部を委託して成功に導くという過程は、お互いが信頼関係を築かなければ成立しません。アウトソーシングを行うときは、お互いの機密保持契約を守れる相手を見つけるようにしましょう。

 

「物流」と一言で言っても、その仕組みは業界や企業によって異なるものです。大切なのは自社のニーズや仕組みに合わせた物流システムを確立するということです。業務の効率化や社員の負担軽減を行い、仕事のしやすい環境を作ることで、利益創出へとつなげていきましょう。

【関連記事】
販促物の在庫管理が拠点とうまくいかない…解決の鍵は「見える化」にあり!
システム導入で販促品をスムーズに拠点へ発送!重要なのは事前のゴール設計

【関連資料】

資料ダウンロード
煩雑な販促品管理がスムーズになる!物流クラウドソリューション

詳しくはこちらから▶︎▶︎

資料ダウンロード
販促物在庫&物流管理システムLOGISMART®のご紹介

詳しくはこちらから▶︎▶︎

関連記事