販促物の在庫管理が拠点とうまくいかない…解決の鍵は「見える化」にあり!

日頃から、膨大な種類のカタログやリーフレット、POPなどの販促物について、その在庫管理に悩んでいませんか。また、各拠点から販促物の注文を受け、社内や外部に発注する役割の本社の販促担当者の方は、日頃から各拠点とのやりとりに課題を感じていることも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、販促物の送付、在庫管理における課題解決策と共に、各拠点との販促物にまつわる関係性をよくする方法とメリットを解説します。

■販促物の拠点とのやりとりがうまくいかない…

普段、何気なく受けている拠点からの販促物の注文。しかし、時にこのような不満の声を聞くことはありませんか。

●拠点からの販促物にまつわるよくある不満
「販促物が届くのが遅い」
「使いたいときに指定の販促物の在庫がない」
「必要ないのに多めに本部から販促物が届き、結局余ってしまう」
「それぞれの販促物の実績やそのデータ管理がバラバラでよくわからない」 

一方、本社側としても、各拠点でどのくらい各販促物が使われているかなどが見えず、やりとりもアナログ管理で手間がかかる、販促物の種類が多く配送ミスも多発しているなど、課題を感じていることでしょう。

■拠点とスムーズに販促物のやりとりをするには?

こうした課題を解決し、拠点と本社の販促物のやりとりをスムーズにし、効率化するためにはどうすればいいのでしょうか。その第一歩は「見える化」にあります。

問題の大きな原因の一つとして、お互いに販促物の在庫や管理状況、実績などが把握できておらず、実態がつかめていないことが挙げられます。

「見える化」を実現するには、受注から承認、在庫管理など、一連の流れすべてをクラウド上で管理することがポイントになります。そして物流まで一つのラインにすることで、拠点までスムーズに販促物を届ける良い流れができます。
これは、「クラウド型の物流ソリューション」を活用するということです。

この物流ソリューション導入により、販促物の使用数が見える化され、過剰在庫をなくすことができます。また、販促品の発注から到着までにかかる時間が短縮されるほか、配送手配のオートメーション化も実現し、業務効率化につながります。

■拠点と本社の関係をよくするメリット

物流ソリューションを導入することにより、業務効率化が図られるだけでなく、これまで互いに抱いていた不満が解消されることで、拠点と本社の関係もよくなるでしょう。

互いのスムーズなやりとりが実現することにより、販促物が必要になる展示会やセミナー、イベントなどの際に、お客さんに不足なく販促物を提供することができるため、営業や販売の機会損失を防ぐこともできます。

まとめ

販促物にまつわる悩みの根底にあるのは、実は本社と拠点がお互いに抱く“見えない”不満にあるのではないでしょうか。物流クラウドソリューションを活用することで、業務効率化や売上アップなどの成果につながり、本社と拠点の関係も良好になると考えられます。

さらに詳しく知りたい方は、DL資料「煩雑な販促品管理がスムーズになる!物流クラウドソリューション」で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

システム導入で販促品をスムーズに拠点へ発送!重要なのはは事前のゴール設計

関連記事