すぐに使える!キャッチコピー作成のテクニック5選!

「いいコピーが浮かばない」、「いまいちコピーの成果が出ない」など、日々、キャッチコピーに関して頭を悩ませていませんか?今や、WEBコンテンツのタイトル、ポスターやチラシ、POPなどの広告・販促ツールなど、色々なシーンでキャッチコピーは必要とされています。
情報過多の時代に、一瞬で商品の魅力を伝えられるキャッチコピーを作るために必要な、すぐ使えるノウハウをご紹介します!

■いいキャッチコピーが浮かばない!その原因は?

気の利いたWEBコンテンツのタイトルや、広告・販促ツールのコピーを考えようと、いつも頭をひねっているけれど、なかなか浮かばずすぐに行き詰ってしまう…。その原因は、コピーを考える前の「事前準備不足」にあります。

事前準備とはどのようなことなのでしょうか。具体的には次の2つが考えられます。

1.ターゲットの絞り込み不足

世の中の商品やサービスと同様に、コピーもターゲットを絞り込んで明確にしなければ見る人に響かせることができません。何をどう伝えればいいかもわからなくなってしまいます。

2.商品・サービスが提供できる価値の整理・理解不足

いまからコピーを作ろうとしている商品・サービスを使ったユーザーが、どのようなメリットを享受できるのかを整理し、理解できていないとコピーに行き詰まります。

■いまいちコピーの成果が出ない!その原因は?

なんとかコピーを創ってみたものの、いざ発信してみるといまいち反応が鈍く、コンバージョンや売上につながらないということもよくあります。この悩みの原因は、「自分の書きたいことばかり書いている」「信頼しにくい」などが考えられます。

具体的には、次の2つが考えられます。

1.自分の書きたいことばかり書いている

  • ・ターゲットにベネフィットが伝わっていない
  • ・ターゲットを惹きつける要素がない
  • ・興味・関心を引くだけで終わってしまっている

2.信頼しにくい

  • ・抽象的で分かりにくい
  • ・大袈裟な表現がある
  • ・ネガティブな表現がある 

まとめ

コピーがうまくいかない原因が分かったら、解決策は自然と見えてきます。

まずは、ターゲットと商品・サービスを分析し、明確にして理解するという「事前準備」をしっかりと行うこと。そして、ターゲットが何らかのベネフィットを感じて興味・関心を持ち、自分ごと化できるようにコピーを作成すること。これがポイントになります。

そしてこれらの対策を、具体的なコピーライティングのテクニックに落とし込んでみましょう。詳しくは、DL資料「刺さるコピーの鉄板法則~キャッチコピー作成の小手先テクニック5選~」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

関連記事