CRMから印刷物へのワンストップソリューション!バリアブル印刷のメリットとは

バリアブル印刷という言葉を聞いたことがありますか?
バリアブル(variable)は「可変の・変化する」という意味の英単語で、バリアブル印刷の直訳は「可変印刷」ということになるでしょうか。この言葉だけでは、あまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、実はバリアブル印刷は古くて新しい、強力なマーケティングツールのひとつでもあるのです。 

この記事では、そんな「バリアブル印刷」の概要や利用シーンなどをご紹介します。

バリアブル印刷とは

バリアブル印刷とは、ひとことでいえば、一枚ずつ異なる内容の印刷物を作成する印刷手法です。
本来、印刷というのは同じ内容の文書などを大量に作成するために用いられてきた技術ですが、そうした大量の印刷物のうちの一部分(あるいはすべて)を異なる内容で出力するのがバリアブル印刷です。 

消費者行動が多様化し、マス・マーケティングが通用しなくなるにつれて、顧客を「個客」として個別のアプローチを行うダイレクト・マーケティングがマーケティングの主流となりました。そうした中で、一人ひとりの顧客に対してカスタマイズされたメッセージを送るために、バリアブル印刷が積極的に利用されるようになってきています。

さまざまな形のバリアブル印刷

バリアブル印刷では、通常、データベースから抽出した情報を土台になる文書などに埋め込む形で印刷を行います。身近な例を挙げると、DMのメッセージに受取人の名前が挿入されていたり、顧客ごとに異なるクーポンコードが印刷されていたりするようなものは、バリアブル印刷の技術を用いて作られています。 

また、Microsoft社のWordやAccessなどに搭載されている差し込み印刷機能も、バリアブル印刷の一種です。オリジナル文書の中に宛名や名前、連番などを差し込む程度であれば、こうしたツールを利用することで、手軽かつ安価にバリアブル印刷を実現することができるでしょう。

おしゃれなバリアブル印刷事例:バースデーDM

このご時世、一人ひとりにカスタマイズされた情報を受け取ることに慣れた顧客は、単に自分の名前が差し込まれているだけのDMには驚きを感じなくなりました。 Webの世界では、CRMシステムに蓄積された顧客の属性情報や行動履歴を分析し、一人ひとりの顧客のためにカスタマイズされたメールマガジンを送付するような手法が当たり前のように用いられるようになってきています。 

ではどんなDMが顧客の心を動かすのでしょう。 

今回は、バースデーDMのバリアブル印刷をご紹介します。 

バースデーDMは、「お誕生日おめでとうございます」のメッセージと合わせて、クーポンをつけるなどすることで既存顧客の引上げや、休眠顧客の利用促進につなげる施策として多くの企業が実施しています。手にして、即ゴミ箱へ直行するのではなく、顧客の心をぐっとつかみ「またお店に行ってみようかな」「やっぱり素敵。これからも使おう」と思うきっかけとなるようなDMにしたいですね。印刷会社が提供する高度なバリアブル印刷サービスを用いると、名前や文章といったテキストデータの差し込みだけでなく、背景色、画像、コンテンツなどを設定によって切り替えて、オリジナル度の高い印刷物を作成することができます。 

背景画像:オシャレな黒板の画像を用いてみます。この画像をベースとしてメッセージを作成します。 
crm_print001.jpg
まず、拓也(たくや)さんあてのDM 
crm_print002.jpg
続いて、吉田さんあてのDM 
crm_print003.jpg
いかがですか? メッセージの内容・フォントが顧客ごとに変換できるのはもちろん、背景の画像に合わせて文字に奥行きを持たせたり、ピントを調整することも可能です。このような形で、ご自身のお名前が「デザイン」されたバースデーDMが届いたら感動しませんか? 

近年、SNSを連携させたソーシャルCRMが注目を集めていますが、SNSを連動させたキャンペーンにおいて、顧客が投稿した写真やメッセージなどをうまくコンテンツとして取り込めば、よりインパクトのあるDMを作ることもできそうです。 
crm_print004.jpg
アナログとデジタルの融合から生まれる新たなアプローチ

バリアブル印刷という技術自体は、決して目新しいものではありません。 けれど、データベースの普及、データ分析技術の向上、人工知能技術の発達による高度なリコメンデーションの実現などを受け、バリアブル印刷の活用シーンは今後次第に拡大されていくのではないでしょうか。 

紙のDMはインターネットメールなどに比べて制作コストがかさみますが、その分、デジタルにはない多くのメリットを見込むことのできるツールです。最新のデータ活用技術と「紙」というある意味アナログな素材の組み合わせによって、斬新なマーケティング・アプローチが生み出されることを期待したいところですね。

関連記事