ユーザーが"ググらない"時代のウェブマーケティングとは?

WEBマーケティングを考える時、SNSや他のメディアとの連携も重要ですが、メインの取り組みとなるのがGoogleやYahoo!といった「検索サイト」からの導線をいかに作るかです。SEOからコンテンツマーケティングへとユーザー獲得の手法の変遷があっても、そこは変わっていません。 
しかし、検索サイトを主としたWEBマーケティングは近いうちに大きく変わっていくかもしれません。

なぜ若者はググらないのか?

「ググる」というのは「Googleで検索する」の略語として使われるネットスラングのひとつで、Googleに限らず広義で「検索サイトで調べる」という意味で使われたりもします。 
しかし、現在では10代20代の若年層ではGoogle(検索サイト)をハブとして使わないウェブ活用が増えてきていると言われています。 

【若年層がGoogleを使わない理由】

・検索サイトは情報が遅い

情報を発信するニュース系ウェブメディアよりも、Twitter等のユーザーが発信する情報の方が速いから、SNSで検索する。

・検索サイトには「リアル」がない

若年層は検索サイトにはビジネスの色を感じ、そこに自分たちにとってのリアルがないと感じている。

・個と個の関係で情報を得ている

従来の特定メディアからではなく、誰もがSNSで情報を発信しているため自分とフィーリングの近いアイコンとなる人物から情報を得ている。

・用途に合わせたサイトの使い分けをしている

本を買うならamazon、飲食店を調べるなら食べログ、美容・化粧品を探すなら@cosmeと用途に合わせてサイトの使い分けをしている。

企業が発信する情報は届かないのか?

前述の例に「検索するサイトの使い分け」があるように、まったく検索サイトが使われなくなったわけではありません。ただし、それぞれのメディアがどのような目的で使われているのか? という点を今後はより深く検証しなければ、的の外れたウェブマーケティングを繰り返すことになってしまいます。 

今は「リアルな情報」ととらえられているなTwitterやInstagramといったSNSも企業の広告がより浸透することで、ユーザーにとってリアルではないものになる可能性があります。常に各メディアの特性とユーザーがどのように活用しているかを把握することが、今後のマーケターに求められることになります。

関連記事