Webライティング中級者が陥りがちな失敗パターン5つ

オウンドメディアや記事広告、SNS投稿など、何らかのWebライティングに携わっている方は多いのではないでしょうか。そろそろWebライティングには慣れてきているものの、なかなか思うような成果が出ず悩んでいる方もいるかもしれません。
そこで今回は、Webライティングを続けている場合に陥りがちな失敗パターンを5つご紹介します。 

■Webライティングがうまく進まない…失敗パターン5つ 

1.目的があいまいでどの成果も出ない

WEBライティングは、コンテンツマーケティングの一環として行っていることが多いでしょう。コンテンツマーケティング施策には、主な目的として新規顧客獲得のための検索エンジンの上位表示(SEO)や、PV数、コンバージョン数アップ、既存顧客育成のためのロイヤリティ向上などが挙げられます。この目的が明確でなかったり、実行している最中にあいまいになってしまったりすると、Webライティングにおける施策もあいまいになり、どの数値も良い結果が出なくなってしまいます。
例えばSEOが目的の場合と、既存顧客のロイヤリティ向上が目的の場合とでは、Webライティングの内容も変わってくるからです。
施策の例として、目的がSEOの場合、顧客が「知りたい・やりたい」ことの関連キーワードを一覧で出し、それぞれのコンテンツで対策すべきキーワードを選定して、コンテンツ内容をチューニングしていきます。
また目的がコンバージョン数アップで、「お役立ち資料ダウンロード」というコンバージョンを達成したい場合は、記事コンテンツに合わせた内容の資料を用意する必要があります。

2.顧客の欲しい情報が書けていない

コンテンツマーケティングの基本は、顧客とって価値のあるコンテンツを制作し、彼らのニーズを満たし続けることで育成し、購買意欲を高めることです。この顧客ニーズを満たす姿勢がおろそかになると、自分が「面白い」「書きたい」と思う内容を書いてしまいがちです。
また、数年前までは情報収集の主流はパソコンでしたが、現在はスマートフォン優先で各企業は顧客ニーズに対応しています。さらに今後は、アプリのプッシュ型配信が増える傾向にあります。そうした顧客ニーズの変化を把握しながら、読みやすい記事コンテンツを作成することが大切です。「オウンドメディア自由自在!運用開始後の見直しポイント3選」 のコラムでも解説しているように、いつまでも過去に設定した古い顧客ニーズに固執してしまうと、実際の顧客ニーズとのズレが生じてしまい、顧客の欲しい情報を提供できなくなってします。 

3.読み手の視点にたった文章になっていない

離脱率が高い、長く読まれないなどの結果が出ている場合、コンテンツの構造がわかりにくい、文章がわかりにくいなどに原因がある可能性があります。
「Webマーケティングの成否を握る!?ライティングのポイントとは」 の記事でも解説していますが、良いコンテンツを作る秘訣は、読み手の求める内容を読みやすい文章で書くことです。いくら内容にニーズがあっても、読みにくければ読んで理解、共感してもらうことすらできません。

4.根拠が具体的でない

Webライティングにおいて、根拠を提示するのがおろそかになっているところはありませんか。根拠をしっかり提示しなければ、信頼性に欠けてしまい、結果的に見込み顧客の信頼を得ることができなくなってしまいます。それが積み重なると、「信頼性の低い」コンテンツと認識されてしまう恐れがあります。

5.情報が薄く、どこにでもあるコンテンツになっている

Webライティングに慣れてくると、いつも同じような情報収集の仕方に偏りがちになるものです。しかし情報収集の範囲がインターネット上だけなど、狭い範囲で行っていると、情報が薄く、どこにでもあるようなコンテンツになってしまいます。

まとめ

このように、Webライティングを続けていると、誰しも陥りがちなことがいくつかあります。一つでも心当たりのある方は、ぜひ対策と具体的なテクニックを実践するのをおすすめします。

DL資料「“ちょい足し”でレベルアップ!販促担当者のためのWebライティング術」では、これらの陥りがちな失敗パターンの解決策や、簡単にできるメソッドを多数ご紹介しています。Webライティングの効果がいまいち感じられず悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

また、キャッチコピーについては「すぐに使える!キャッチコピー作成のテクニック5選!」 のコラムとDL資料でご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

関連記事