動画マーケティングのリアルタイム化! LIVE配信がアツい

動画がマーケティングや広告で重要な役割を果すようになっているのがここ数年の傾向です。しかし、その動画が編集されたものではなく、どんどんリアルタイム化 = LIVE映像として配信されていることをご存じでしょうか?
主要SNSはそれぞれにライブ配信機能を備え、ユーザー同士はもちろん、企業とユーザーの動画コミュニケーションにもリアルタイム化の波は押し寄せています。

各SNSのLIVEコンテンツ活用ケース

Youtubeやニコニコ動画のような、動画配信を主とするプラットフォームだけでなく、Facebook、Instagram、Twitter、LINEの主要SNSもLIVE配信機能を強化しています。
InstagramやLINEはLIVEを閲覧するためには事前にフォローや友達登録が必要となっており、フォロワーの獲得に向けたキーコンテンツとしてLIVE動画を活用するケースも増えています。
また、Facebookではユーザーのビジネス色を活かし、セミナーやカンファレンス、プレス発表などをリアルタイムで配信する事例があります。

近年のユーザーのWeb利用ニーズにおける、情報の速さで優れるSNSを検索サイトよりも重用する傾向を考慮すると、SNSでのLIVE配信はユーザーニーズとマッチしたコンテンツ形式と言えそうです。

LIVE配信のメリットとは?

いま動画マーケティングでも重要な役割を担うようになっている点は冒頭でも述べた通りですが、編集された動画に対してLIVEコンテンツの配信メリットをご紹介します。

<動画を編集する手間が不要>
膨大なコンテンツの中から、自社のものをユーザーに選んでもらうには高いクオリティ、話題性は欠かせません。一方で、コンテンツの質を高めるために動画であれば撮影・編集などに多くのリソースを必要とします。

しかし、LIVE配信であれば撮影や編集のための時間は必要ありません。ライブ感と配信を通したユーザーとのリアルタイムコミュニケーションが武器となります。

<ブランドに対する親近感の獲得>
完成されたコンテンツとしてユーザーに提供される通常の動画と異なり、LIVEコンテンツはリアルタイムの出来事を企業とユーザーが共有し、共にコンテンツを作り上げていく形式です。そのため、ユーザーからブランドへの親近感の獲得という面で、LIVEコンテンツは通常の動画より優れていると言えます。

動画コンテンツが主流になればなるほど、”動画内での手法の細分化”は今後も進んで行くことが予想されます。まずは他者のLIVEコンテンツの活用状況をリサーチするところからスタートしてはいかがでしょうか?

関連記事