今さら聞けない! プロモーションとPRの違いとは?

マーケティングの世界にいると、聞かない日はない”プロモーション”と”PR”という言葉。
この言葉を同じものだと思っている人は・・・極稀にしかいませんが、打合せ中にプロモーションやPRという言葉が飛び交うのに、どこか話がきっちり噛み合わない気がする、というケースは少なくありません。
今回は”今さら聞けない”プロモーションとPRの違いについてご紹介します。

マーケティングミックスとプロモーションミックス

プロモーションとPRの違いを説明する前に、まずはマーケティングの基本的な考え方となるマーケティングミックスについてご紹介します。
マーケティングの第一人者としても知られるコトラーも活用した考え方である、マーケティングを”4つのP”に分解した4Pはマーケティング戦略の全体像を捉えたもので、マーケティングミックスとも言われます。4PはProduct(何を)、Price(いくらで)、Promotion(どうやって)、Place(どこで)という製品開発から販売までの流れをトータルで整理しており、ここにプロモーションが登場します。
このプロモーションの言葉の範囲はかなり広く、直接的なものから間接的なものまで含めた総合的な販売側と顧客のコミュニケーション全般を指すことになります。

そこで、さらにプロモーションを細かく分類して考えるのがプロモーションミックスです。
Advertising(広告)、Sales Promotion(販促)、Public Relation(広報)、Personal Selling(人的販売)、Direct Marketing(直接販売)などに分類され、ここにPublic Relation=PRが登場します。

つまり、マーケティング全体の中にプロモーションが含まれ、プロモーションの中にPRが含まれるという構造になっています。

※マーケティングミックスについてはこちらの記事もご覧ください。
まずは基本から!担当者が心得るマーケティング戦略とは?

PRは第三者が行う自社情報の発信

Public=公衆、Relation=関係の2単語が指すように、PRは直接的な販促手法ではありません。主にメディアを通して、自社の情報を客観的に発信してもらうことで、広く自社を消費者に報せること(広報)が目的です。
この際に情報を発信するメディアに対して広告費を支払うと、それはPRではなく広告として扱われます。あくまで、メディアが自発的に取り上げ、広く発信してもらうための活動や情報発信を行うことがPRの本来の意味合いとなります。

プロモーションはセールスプロモーションを指す!?

ここまででプロモーションとPRのそれぞれの意味をご説明してきましたが、実はプロモーションという言葉はPRを内包した本来の意味だけでなく、狭義で別の意味を持って使用されるケースも多くあります。
その際の狭義のプロモーションは主に、Sales Promotion=SP(販促)を指します。PRに対しより直接的な販売の促進を目的としたキャンペーンなどが当てはまり、SP(直接的)とPR(間接的)という形で使われるケースもあります。

言葉の意味はしっかり確認を

プロモーションがマーケティングに関する総合的な販売コミュニケーションを指すのか、SPを指すのかで検討する範囲は大きく変わります。
仕事をし慣れた相手であれば、言葉の意味を確認するまでもないかもしれませんが、初めて仕事をする人に対しては「プロモーションという言葉をどういう意味で使っているか?」の確認はしておいた方がいいケースが多々あります。
ちょっとした言葉の行き違いが、大きな認識のすれ違いに発展しないようにご注意下さい。

関連記事