「あなただけ」への特別な魅力:パーソナライズド動画のススメ

動画マーケティングは、バズると多くの人々にリーチできるのがその魅力です。しかし、そういった大規模リーチのほかに、「パーソナライズ」した動画を発信することで顧客一人ひとりとの関係を深めていくマーケティング戦略もあります。そこで今回は、「パーソナライズド動画」へのニーズの高まりと、その特徴を紹介しましょう。

消費者は今「パーソナライズド」を求めている

パーソナライズド動画について考える際にまず注目したいのが、テキサス大学が行った調査の結果です。当調査は237名を対象に行われたもので、「事前アンケート」「コンテンツに触れる」「事後アンケート」の3つのステップに分けて進められました。その結果、一般的なマーケティングコンテンツと比較した場合、各個人のニーズや興味に沿ってパーソナライズされたコンテンツのほうが、より楽しめるということが分かりました。 

また、コンテンツをパーソナライズすることのメリットとして、溢れかえる情報とより上手に付き合うことができるというものがあります。コンテンツがパーソナライズされていれば、それが「自分向けの情報である」と認識しやすいため、自分のニーズに見合った情報に出会いやすくなるのです。 

インバウンドマーケティング先駆者のHubSpot社によると、

  • Webエクスペリエンスをパーソナライズさせたウェブマーケターはセールスが19%向上
  • 消費者の74%は、Webコンテンツが自分の好みに合わない内容だとイライラする
  • Eメールをパーソナライズすると、クリック率が14%向上、コンバージョン率が10%向上する

そうです。HubSpotでは動画を使うことでコンバージョン率が80%向上するというデータと、このパーソナライズドコンテンツに関するデータを組み合わせることで、「パーソナライズド動画」のパワーをアピールしています。

パーソナライズド動画をマーケティングに取り込むには?

パーソナライズド動画の魅力は分かったものの、新たに個々に合わせたビデオを作成するのは大変...コストがかかりすぎる...と躊躇してしまうかもしれません。そこで知っておきたいのが、すでに自社で作成した動画を活用してパーソナライズド動画を作り出す方法です。 

特定の消費者のニーズが分かっていれば、そのニーズに合った動画を自社の動画コンテンツから選び出しておきます。それらの動画の出だしにその人の「名前を入れる」というだけだけでも、その効果は期待できます。ほかにも、その人のニーズや興味に合わせた動画をEメールに添付(またはリンクを追加)したり、サイトを訪問した際にその動画が表示されたりするようにしていくこともできます。

パーソナライズドは売り上げに大きく貢献

新商品の紹介動画を消費者が受け取ったとき、それがパーソナライズされているのとされていないのとでは、消費者が受ける印象というのは大きく変わってくるそうです。2015年度のパーソナライズド動画に関するキャンペーン情報を見ると、パーソナライズされたものはクリック率やコンバージョン率が実に200~1,500%も向上したそうです。 

顧客との関係を築きあげるために、動画テクノロジーの進化にもぜひ注目しておきたいところです。視聴者とのインタラクションが可能なライブ動画も、現在非常に注目度が高いマーケティングツールとなっています。パーソナライズド動画を発信する際は、どのプラットフォームを使うと、ターゲット視聴者に届きやすいかもしっかり考える必要があります。Eメールと動画を組み合わせたり、マルチプラットフォーム配信を行ったりしてみましょう。そして消費者が配信した動画に対してどのような反応をしているかというデータを確認し、効果が出やすいやり方を見つけ出していきましょう。

まとめ

注目度の高い動画コンテンツは、作成したらどんどん活用していきたいもの。作成した動画にちょっとしたパーソナライゼーションを行うことで、そのマーケティング効果をさらに高めることができるかもしれません。消費者が受ける「自分のための動画」というスペシャル感をしっかり演出し、コンテンツに興味を持ってもらうことで関係性の向上につながっていくはずです。

関連記事