人的リソース不足の強い味方/BPOがもたらす効果とは?

事業にはヒト、モノ、カネの3つの要素が不可欠だといわれますが、なかでも企業の成長段階に大きな影響を及ぼすのが「ヒト=人的リソース」だといえるでしょう。人的リソースの不足、いわゆる人手不足が企業の成長を阻害するケースは少なくありません。

この記事では、そうした人的リソースの不足解消に際して強力な味方となる「BPO」について解説します。

BPOとは

BPOはBusiness Process Outsourcing(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の頭文字を並べたもので、企業内で遂行される管理業務など、その企業のコアビジネスではない業務プロセスの一部を外部の業者に委託することをいいます。

冒頭でも述べたように、企業が事業を継続・拡張していくためには人的リソースの確保が必須です。
例えば、新規顧客獲得に力を入れるためには営業担当者が必要ですし、顧客が増えれば増えたで、そのフォローやバックオフィス対応にも人手がかかるようになります。新規事業を立ち上げるにも、それなりの人員が必要となるでしょう。

しかし、必要なら人を雇えばそれでよいのかというと、事はそれほど簡単ではありません。正社員を雇用すればコストがかかりますし、いったん雇用してしまえば、たとえ想定通りに事業が成長しなかったとしても、簡単に解雇することはできません。

BPOを利用するメリット

こうした場面で強い味方となるのがBPOです。社内のリソースだけでは回しきれない業務をアウトソーシングすることで、従業員の負担が軽減し、よりコアな業務に注力することが可能となります。

アウトソーシング可能な業務は多岐にわたりますが、BPOサービスが利用されるケースが多いのは、バックオフィス対応やコールセンター業務、物流、データ処理やデータプリントといったルーチン化可能な作業や、データ分析やアプリケーション開発、サプライチェーン・マネジメントといった専門的知識・技術を必要とする業務の分野だといえるでしょう。

BPOの規模もケースバイケースですが、国内では大手化学メーカーである花王株式会社(以下、花王)のBPO事例が知られています。この事例では、花王で処理される年間120万件の経費支払用の伝票処理がアウトソーシングされました。このBPOにより、導入当時、2010年から2014年までの5年間で18億円のコスト削減効果が見込まれたといいます。

出典:コスト半減は当たり前!バックオフィス革命 - 4カ月で移管、5年で18億円削減/花王:ITpro

BPOで効果を上げるために

このように、BPOを利用することで一部の業務をアウトソーシングし、比較的短期間でリソース不足を解消できる可能性がありますが、その一方で、アウトソーシングにはデメリットも存在します。

社内の業務を外部に委託するということは、見方を変えれば社内のノウハウが外部に流出するということでもありますし、コントロールの難しい社外の人員に業務を任せれば、情報流出のリスクも高まります。業務知識の乏しい外部の人員に作業を任せることで、業務品質の低下を招くおそれもあるでしょう。

また、先の花王の事例のように大規模なBPOを行う場合は、導入に際してかかるコストも馬鹿になりません。業務の分析やマニュアルの作成、人員のトレーニングなど、金銭的にも時間的にも多大なコストが発生します。

BPOを利用する際には、アウトソーシングにまつわるこうした問題を正しく理解し、あらかじめメリットとデメリットを吟味したうえで導入を検討することが大切です。現状の業務を可視化し、具体的にどの部分に人的リソース不足の問題があるのか、どの業務をアウトソーシングすればもっとも高い効果が得られるのかを念入りに検討したうえで導入に踏み切るのが、BPOを成功させるためのひとつのポイントとなるでしょう。

アウトソーシングは戦略的に

以上、この記事ではBPOの概要、および効果的な導入方法について解説しました。

BPOは人的リソース不足を救う強力な武器になり得ますが、人手が足りないからといって、無計画にBPOを利用するのは賢いやり方ではありません。社内の業務を総合的かつ多角的な視点で見据え、リスクを抑えつつもっとも高い効果の上がる利用方法を検討するよう心がけましょう。

関連記事