「今から考えるべき5年後の購買コア層に対する戦略」

「プロダクトアウトでは物が売れない」時代には、消費者意識や市場の変化に対して常にアンテナを張る必要があります。

日本では、「消費意向の低下」「人口減少」「生活のパーソナル化」など、消費環境に影響を及ぼす社会環境・ライフスタイルの変化が急速に進んでいます。
一方、こうした変化は、ITや物流技術の発達と相まって、消費者が“いつでも・どこでも買い物ができる環境”を実現しつつあります。今後、オムニチャネルやショールーミングなども加速していくでしょう。
変化する流通小売市場における5年後の購買コア層と言われているのが「ミレニアル世代」です。このミレニアル世代を正しく捉えること、そして、正しくマーケティングすることが、企業が将来勝ち残るポイントです。

デジタルネイティブ、スマホファーストであるこの世代は、どのような価値観を持ち、特徴づけられるのか。ターゲットのポテンシャルとペルソナをしっかりと理解し、5年後を見据えた戦略計画をいかに立てればよいのか。
――2022年の環境予見などを踏まえ、企業が今から取り組むべき施策を分かりやすく解説しました。

「今から考えるべき5年後の購買コア層に対する戦略」ダウンロード資料

関連記事